宮崎県貯水槽清掃協同組合

Home 貯水槽内部 管理基準 チェックポイント 知事登録 清掃方法
水の事故 関係法令 清掃基準 組合事業 組合員一覧 連絡先

貯水槽の清掃は専門業者にお任せください

宮崎県庁の写真 貯水槽は、設置場所も内部もほとんど人目にふれる事が少ないため、清掃が基準どおり行われたかどうか心配です。
わたくしたちは、安全かつ衛生的に作業を行うため知事登録(建築物飲料水貯水槽清掃業)を受けております。

登録を受けることで専門家(プロ)として自覚します

高品質の作業を提供するために
登録業者としての責務を遵守しています
  • 登録の有効期間は6年です
  • 監督者は講習課程を修了しています
  • 従事者は毎年講習を受講しています
  • 作業者は6ヶ月ごとに腸内細菌検査を受検のうえ、作業当日の健康状態もチェックします
  • 専用保管庫で保管していた機械器具は点検整備のうえ、槽内持込器具は消毒します
  • 現場を事前に調査し、安全かつ迅速に衛生的な高品質の作業を提供します
  • 作業終了後、水槽内及び末端給水栓で残留塩素濃度など簡易な水質検査を行います
  • 作業報告書に作業内容を明確に記入し、これらの内容を記録した写真を添付します

写真・報告書・図面

作業報告書、工事写真は5年間、図面は永久保管しておきましょう。

建築物の飲料水の貯水槽の清掃を行う事業
(建築物衛生法 第20号第12条の2第1項第5号)
物的要件
  1. 揚水ポンプ
  2. 高圧洗浄機
  3. 残水処理機
  4. 換気ファン
  5. 防水型照明器具
  6. 色度計、濁度計及び残留塩素測定器
  7. 1)から6)の機械器具等は専用であり専用の保管庫に保管すること
人的要件
  1. 作業監督者
    公益財団法人 日本建築衛生管理教育センターが行う講習の課程を修了し、6年を経ていないもの
    (講習会の日程は、http://www.jahmec.or.jp/
  2. 作業従事者
    厚生労働大臣の定める研修を修了したもの(毎年受講)
    (講習会の日程は、組合事業へ)
<2015年03月07日に更新しました>