宮崎県貯水槽清掃協同組合

Home 貯水槽内部 管理基準 チェックポイント 知事登録 清掃方法
水の事故 関係法令 清掃基準 組合事業 組合員一覧 連絡先

利用者の健康を守るため一定の管理が必要です

所有者の管理義務
  • 貯水槽水道の所有者は、水質基準に適合する水道水と同等の水質を保つため、一定の管理を行わなければなりません。
    (建築物衛生法、水道法、指導要綱等にて義務づけております。)
  • 水道水は感染症を防ぐため、蛇口で、0.1mg/L以上の残留塩素の濃度が確認される事を義務づけております。
  • 貯水槽内が汚染されると、水道水の消毒効果が消失してしまい飲み水としての安全性が保証されません。
    この残留塩素が検出されるよう貯水槽水道の管理が必要となります。

一定の管理とは!・・・どんなことですか?

1.水質の管理

水道水の色・臭い・濁り・味などに注意し、異常が有れば水質検査を行ってください。
特に義務付けはありませんが、残留塩素を測定されることをおすすめします。

2.給水の停止

供給水が人の健康を害する恐れがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、利用者や保健所、水道事業管理者などの関係者に知らせましょう。

3.施設の点検と改善

月1回程度、水槽の状態やマンホールの施錠など施設の点検を行い、不備な点があれば速やかに改善しましょう。
また災害が発生した後も速やかに点検し、不備がないことを確認しましょう。

4.貯水槽の清掃

年一回以上、専門の業者(建築物飲料水貯水槽清掃業)に委託して水槽の清掃を行い、いつも清潔な状態を保ちましょう。

5.管理記録の保存

貯水槽水道設備の配置及び系統を明らかにした図面等は、永久に保存します。
施設の点検記録・清掃記録・水質検査記録等は、5年間ほど保存しておきましょう。

6.管理状況の検査受検

貯水槽の状態や書類の保存状況などの検査を受けましょう。
(水道法の規制を受ける施設では、義務付けされています。)

<2021年05月03日に更新しました>